2006年02月12日

事実・・厳しいね。

●アメリカ合衆国政府の保険庁と大手生命保険会社が発表した統計です。
 事実として受け止めなければならない65歳の時点での人生です。

 1%の人は自他共に認める成功者
 4%の人は何とかやっていける
 5%の人は食べるために職を続けている
 36%の人は死亡している
 54%の人は年金や貯蓄に依存して、貧しい老後を迎えている

「もう、残された時間は余りないのではないですか?」
----------------------------------------------------------------------
では、どうすれば良いのか?
と私は真剣に考えてみました!

やはり、時間が無い、金も無い、才能も無い・・・
悩みますね・・真剣に。

皆様はどうなさいますか?
・・多くの方は、いったいどんな決断をするのだろう?

ちょっと自分の人生について、考えちゃいました(笑

ガラじゃないって??ヾ(・ε・。)ォィォィ・・

私はいつだって真剣ですのよ〜┌( ̄0 ̄)┐ ワハハッ・・・・
posted by smile at 23:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 生活日記
この記事へのコメント
初めての訪問です。よろしく。

65才というのはワシのことだぜ!!

5ランクの内一番下のレベルだぜ!!

どうする、どうする、どうする、どうする、-----。

どうしょうも無いじゃないか !!

ミネラルがあるってばさあ。

激しくチャレンジだってばさあ。

3才の孫が成人するまで頑張るてばさあ!!

65才のジィのぼやきデゴザンス。
Posted by doragonfo at 2006年02月13日 22:56
ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
doragonfoさんってば元気なのねん♪

smileも、激しくチャレンジだってばさぁ!

いつか自分にもできる孫の孫まで見るわ!
┌|゜ο゜|┘ヨッ!
Posted by 梨花子(smile) at 2006年03月11日 14:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13206593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。